スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVD感想~明智小五郎の事件簿~

2007.05.26 *Sat
やっぱり、見ました。
公演も終わったことですし、とりあえず見終って思うことを正直に書いてみようかと。
トカゲに偏りがちで否定的意見も含む長文ですので苦手な方はご遠慮ください。
きっとコレって、基本的にはまぁ泣ける話なのかもしれない。
1,雨宮さんのプロポーズがなかったら
2,「まだ男も知らないのよ」なセリフがなかったら
3,役が下級生さんまでちゃんとあったら
4,退屈だ♪の後の「はーっはっはっは」がなかったら
きりが無いのでこのくらいにしておきますが…

下級生さんワラワラは好き嫌いあると思いますけど、私は結構好きでした。
書生さんの小芝居は毎回見ていて面白かったし。
少年探偵団はかわいくてかわいくてついつい手拍子しちゃったし。
ホテルボーイさんとメイドさんたちのイスダンスは特に好きでした。
DVDだったらアングルがあるからイスダンスの全貌は見れないけど、実際見たときはスゲーって思いました。
アレだけたくさん居るから出来ることだよね。

彩音ちゃんファンポイントとして、忘れちゃいけないのが男装。
あれは、もうカッコイイとしか言い様がないですけど(´ー`)
「あっ、どうも」っていうちょっと低めの声とか。
フッってマントを翻すところとか。
「みなさぁ~ん!」っていう余裕たっぷりな感じとか。
赤いマニキュア塗った手で帽子をつまんで回すところとか。
もてあそんでいる感がたまらなかった!

前後しますが、明智さん登場の所のダンスのあとのウインクも。
マダムっぽく、くねくねとしつつ(笑)なかなかいけていたと思います。

それと、オサさんの「おいで」は巻き戻して何回も見てみた。
全てを受け入れて待っていてくれる人と出会えてトカゲさんは本当に幸せだったよね。
一瞬でもあの二人がシアワセだったこの瞬間が大好きでした。

私は黒トカゲさん視点だけど、黒トカゲ本人ではなく見ていたから、明智さんが許せなかった。
何も気付かずに自分の妹を追い詰めて死に追いやったっていうのが…
「こんなに上手くいくはずがない」って笑うトカゲさんがあんまりにも可哀想だった。
後から後悔うんぬんっていう問題ではないと思う。
何かそのあたりで明智さんが木偶の坊っぽく見えちゃうんだよね。
でも、明智さんは明智さんなりにトカゲのことをしっかり思っていてくれていたし、結局は仕方がなかったのかなとも思いますが…
でも女性視点から見てみて、男役がヒドイ男に見える設定って宝塚的にOKなのか?っていうのは疑問です。
オサさんは素敵だったんですよ。
特に最後の絶唱には本当に説得力があったし、声だけで涙を誘われました。
「おいで」っていうセリフは毎回しみじみと心に響いたし。
要するに妹オチでトカゲさんを殺しちゃったのが気に食わないだけですが…

雨宮さん@まとぶんと早苗さん@すみ花ちゃんについて。
すみ花ちゃん、DVD観てて「やっぱりただ者じゃない!」ってしみじみ思いました。
ホントに新研3?
トカゲ演じる早苗の時の手の動きが彩音ちゃんのマダム・トカゲにそっくりなんだよね。
うまいなぁ…舞姫のエリスも楽しみ。
まとぶんは、ヒゲを剃ったらカッコ良い!
トカゲさんに遣われてる雨宮さんはかなり好感度高かったです。
「命令に従えば従うほど、あの人にどんどん惹かれていってしまうんだ」
わかるよ、わかる。その気持ち。
あのトカゲにあごで使われたら何だか付いて行かなければいけない気がしてくるもん。
結局トカゲにはふられて、早苗さんにプロポーズ迫られちゃう、女の尻に引かれっ放しな雨宮さんですが、そんな所が好きです、大好きです。
早苗さんと末永くお幸せに暮らしてください。

とりあえず、明智小五郎の事件簿については、このくらいかな。
書きたいことは全部書いたと思います \(^-^)/
またショーについては後日。
CATEGORY : 花組
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © Crystal Clear All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。