スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きとし生けるものは美しい~あさきゆめみし2【2】~

2007.07.18 *Wed
さて昨日の続き。
今日テストを見てたら倫理の問題用紙に紫の上だと思われる女性や光源氏だと思われる方がたくさん…
こんなの描いた記憶ないですよー;
いったいテスト中に何考えてたんだろ、自分。

命燃やしても、輝きたい~あさきゆめみし2【1】~
二幕あけてすぐに紫の上@彩音ちゃんのソロがあります。
ちなみにかなり長いです。
これがね、良いです。
彩音ちゃん比最高に上手くて!
愛の精さんたちが笑顔で超かわいいのですけれども、その中に朧月夜さんがいらっしゃって何だかおもしろいです。
いちおーライバルだよね~

明石の上@絵莉さんは絶対教育ママだと思います。
いや別に根拠とかはないですけど…
ちい姫ちゃんお化粧研究してくださいー
子源氏とかもやってて大変だと思いますけど笑顔がやばいことになってます。

息子が大きくなっても頭の中将さんは源氏さんが大好きみたいです。
一緒に舞えるのがうれしくて仕方ないに違いないw
男役四人の舞、きれいです。
えりたん、さすが、本当に身のこなしがお綺麗です。
ここはうっとりポイントですよ~
かっこいいからv

明石の上と紫の上の対峙場面。
すごく楽しみにしていた場面でした。
初めて会った瞬間から、相手の素晴らしさを感じられるってどんなんなんだろう。
見つめあってほほ笑むお二人が好きです。
「お会いできてうれしゅうございます」「私もです!」
「思い上がりお許しください」「そんな…」
いちいち即答する紫さん。
よっぽど会えて嬉しかったんだね。
自分が素晴らしい人だからこそ、相手の素晴らしさを認められる。
相手が自分の恋敵であろうとそんなことは関係ない。
ほんっと、この場面に紫の上と明石の上の素晴らしさっていうのが凝縮されてると思います。

柏木@めおちゃんと夕霧@りせちゃんが歌いだした瞬間、いきなり劇場がオペラチックに震えたのは気のせいでしょうか…
「かぁ~しわぎぃ~っ」
いったい何が起こったのかと思ったよ…
親は中将→源氏なのに息子は逆で夕霧→柏木なのが面白い。

小侍従@きらりちゃんが色っぽし。
柏木さんはひたすら三の宮@サクちゃんのことしか考えてないのにそんなことはどーでもよさげで柏木の胸に顔をうずめてるの。

自分でオペラを動かさなくても前をクルクルと回ってくれるので探さなくて良いぶん楽です(笑)
まぁ君が熱狂的に踊り狂っているのが目立ちます。
それにしても足白いね…
あ、この場面着物短めに来てるので生足見えます。
私と同じく変態な方は必見(あはv)

この期に及んで「ちょっとした行き違いが…」なんて言っちゃう柏木君。
実はあなた神経図太いよね、って思う一瞬です。
夕霧君はあれでいいんでしょうかー?
「いつかきっといいことあるよv」
って語尾にハートとんでますよ。
超鈍感なセリフをオペラ調で歌うりせちゃんサイコーです。
夕霧君と柏木君のずれっぷりがひたすら面白い。

「生きとし生けるものは何と美しいのでしょう」
亡くなる間際の紫の上のセリフが泣かせます。
自分は光源氏の愛にだけすがってきた人生だったけど、生きているってこんなにも美しいものなんだ。
精一杯生きている命はこんなにもきらきらと輝いて見えるんだ。
源氏の胸の中で息絶えられて、良かったね。

さて、まだまだ引っ張って明日はフィナーレ編に行きます。
あーまだ役ごとの感想も書いてないのに長くなりすぎですね;
予告:フィナーレで衝撃の出来事が私を襲う…
CATEGORY : 花組
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © Crystal Clear All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。